(号外)安倍政権、安保関連法案を本日強行採決に。ええかげんにせぇ!右派も左派もタカ派もハト派も関係ない。これは立憲主義への冒涜だ。

本来、政治的な問題を記事にするつもりのないブログだが、あまりの危機感から、今回だけ異例の記事をくことにしました。

各メディアが伝えているように、昨日の衆院特別委員会理事会で、安倍内閣が安保関連法案を本日7月15日に強行採決することを決定した。

石破氏ら、自民党内からも「国民への理解が進んでいるとは言えない」という声が上がる中、これだけの重要案件を強行採決に踏み切ることは、民主主義への挑戦だといえる。

解釈の歪曲は立憲主義への挑戦だ

集団的自衛権により、戦争行為へ参入すること自体の是非については、各人により意見が異なるだろう。

しかし、今回はそのレベルを超えた問題だ。自衛隊を通常の軍隊並みに活動させるのであれば、憲法を無視したとも言える「憲法解釈の変更」ではなく、正常な手続きにより改憲すべきだろう。

憲法を「守ったほうがいいよ的なルール」のレベルに貶める安倍政権の傲慢を許せば、今後の日本は何を拠り所に政治が行なわれるのか疑問だ。

気骨のある自民党議員はいないのか?

もうあとがない。自民党議員個々人に期待するしかないのだろう。苦言を呈した石破氏でさえ、採決に反対とはダイレクトに言えないようだが、そんなことでいいのか?気骨のある自民議員は反旗を翻してもらいたい。

次の選挙であなたを評価するのは有権者である国民だ。もはや浮動票は「党としての自民党」を選ばないだろう。自民党議員よ、貴方自身の意見をここで示しておくのが吉と思うが、いかがだろう。