iPhone12の発売遅延はやはり遅れそう。

日経アジアンレビューによると、5G規格に対応した次期iPhoneは、コロナ禍の余波で、生産が遅れる見込みだとのことです。

同記事によると、アップルは、コロナの影響を最小限に止めるべく、パーツサプライヤーに対してブッシュしているものの、今のところ、当初予定より4週間〜2ヶ月間の遅れに直面している模様です。

ただ、アップルは遅れを取り戻すべくさらに押しまくるようで、なんとしても発売が来年になるという最悪の事態は避けたい意向です。

ああ、11月には出てください。私のケータイ更新月に間に合って〜!

 

コメントを残す