オバマ大統領、AppleCEOティム・クック氏ら’Fortune 500’企業のトップ数名と会談。オバマ大統領処理演説(日本語字幕)であの感動をもう一度。英語の勉強にもなります。

9to5Macさんによると、Obama大統領がFortune500に名を連ねる企業のトップと会談を行ったそうです。AppleのCEOティム・クック氏のほか、JP MorganのJamie Dimon氏、CostcoのCraig Jelinek氏、ボーイングのJim McNerney氏の3氏が招かれ、いわゆる「財政の崖」問題について意見を交わしたようです。

この会談も日本になぞらえれば、野田首相と経団連トップの会談といった所でしょうか。

でも、なんかイメージがちがいますね。

イメージが違うと言えば選挙戦。

日本でも内閣が解散し、総選挙へ向けて動きが慌ただしくなってきましたが、これもなんか大統領選の熱気とは似ても似つかぬ感じです。

我々有権者の意識の違いもあるし、おそらくあれだけの演説をぶてる政治家もいないのかなあ、スピーチ文化もちがいますしね。

政策はおいといて、とにかくオバマのスピーチはうまいですね。観客の反応を待つ「間」の絶妙さ、一緒に盛り上げながらトーンアップしていく語り口、あのばにいて一緒に盛り上がりたくなるのもわかります。

日本語字幕付きの動画があったので、おさらいがてら、貼っておきます。

コメントを残す