東芝、新型6.1インチ498PPIディスプレイ

Mac Rumorsさんより

Appleが声高に宣伝しているRetinaディスプレイはiPhone4と共にデビューした326DPIのディスプレイです。そして更にiPod touch、iPhone4Sにと広がりを見せています。Retinaディスプレイのコンセプトは来年発売されるという噂のiPad3にも引き継がれていると言われています。そしてその解像度は4倍のピクセル数となる2048×1536を9.7インチのディスプレイに搭載するとのことです。

https://i0.wp.com/cdn.macrumors.com/article-new/2011/10/toshiba_498ppi_display_comparison.jpg?w=600
https://i0.wp.com/cdn.macrumors.com/article-new/2011/10/toshiba_498ppi_display_comparison.jpg?w=600
https://i0.wp.com/cdn.macrumors.com/article-new/2011/10/toshiba_498ppi_display_comparison.jpg?w=600

更に本日東芝は新しい6.1インチ2560×1600(498PPI)ディスプレイを発表しました。

Appleは現在6.1インチのモバイルデバイスをラインアップしていませんし、低解像度の製品からの移行を考えると、このディスプレイを使うとスムーズにいきそうにありません。しかし、このことでかつてよりも高解像度な手ディスプレイを可能にするほど技術は急速に進歩しているということがはっきりと分かります。
モバイルデバイスのグラフィク能力が増強されて行っており、またコストと釣り合うようになってきているので、このような超高解像度のディスプレイが採用されることもありそうです。

Apple、サムスンによって王座を追われる

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、Appleは世界ナンバーワンのスマートフォンメーカーの王座を勝ち取ったわずか1四半期でこの王座をサムスンに奪われました。

サムスンに近い筋によると、サムスンはは2000万台のスマートフォンをこの9月末までの四半期で出荷しまし、1位のAppleをその座から追い落としたそうです。また携帯の雄Nokiaをも販売高で抜いたそうです。

iPhone4Sの製造コストは16GBモデルで188ドル

AllThingsDさんによるとiPhone4Sの製造コストは16GBもでるで188ドルだそうです。
https://i1.wp.com/allthingsd.com/files/2011/10/iphone_4s_teardown.png?w=600
上の画像のような部品で構成されているiPhone4Sですが、
製造コスト:販売価格(キャリアの2年縛りあり)は以下のようです。
16GB $188 : $199
32GB $207 : $299
64GB $245 : $399

iPhone4と変更されている部品としては、Audience製のノイズキャンセリングチップがなくなっており、おそらくA5チップの機能として統合されたものと思われます。

これに関して、Mac Rumorsさんが以下のようにコメントしています。

また、iFixit が行った分解では東芝製のフラッシュメモリが搭載されていたのですが、IHS iSuppliの調査では驚いたことにHynix製のメモリが搭載されていたそうです。
もちろんHynixのメモリはAppleの様々な製品に使われていますが、これまでiPhoneには使われていませんでした。もちろん、価格や供給量によってさまざまなベンダーから部品調達をするのはAppleの芋のやり方です。

IHS iSuppliではカメラユニットのメーカーを特定できていませが、それはカメラモジュールに製造番号などの情報が記載されていなかったためです。
Chipworksの分解では、カメラはソニー製と判断していますが、ただし、Appleが長年採用してきたOmniVisionとソニーが同じモジュールを分担製造しているのかということは判然としません。

部品コストはAppleのエントリー機ではだいたい170ドルから190ドルの間になるのが通例です。199ドルの本体購入価格とキャリアからの補助を考えればAppleには十分なマージンがありまが、これは部品コストのみで開発コスト、製造、輸送、販売等のコストが入っていないということは考えて置かなければなりません。

iOS 標準の写真アプリの表示の不具合、対処法。

iOS5の「写真」アプリの動作不良が幾つか起こっているようです。

一つは、サムネイルをクリックすると、違う写真が表示されるバグ。
私もこれになりました。とくに「イベント」タブから選んだ場合、後の方のイベントを選ぶとこの現象が発生しました。

もう一つは、サムネイルをクリックすると、写真が表示されるのですが、明らかにサムネイルを引き伸ばしたような荒い画像が表示される現象。
私は、これも発生。とくに最初の方のイベントを選んだ時に起こりました。

これ以外にも、単純にうまく同期がされてない場合もあるようです。

対処法:
全てに当てはまるかわかりませんが、一旦写真を同期しない設定にして、iPhoneから写真を削除し、その後同期しなおすと治る場合が多いようです。
「iPhoneの復元」を使うとよいという書き込みもよく見かけますが、時間がかかりますし、治ってない場合も多いようです。
簡単にやれるのでまずは以下の方法から試してみてください。

1,Mac (or PC)のiTunesで、iPhoneを選びます。
2.写真タブの左上 「写真の共有元」のチェックボックスを外します。(以下の画像赤丸部分)
f:id:CloudyDesert:20111021211036p:image
(このやりかただと、同期するように選んでいる写真の設定が変わらないので、あとで同期し直すときに、今まで入っていたのと同じ写真が同期されるようになります。)
3.これで一旦右下の「適用」ボタンを押して同期します。
4.すると、以下の画面のようなダイアログボックスが現れるので「社員を削除する」を選びます。
f:id:CloudyDesert:20111021214958p:image:w360

5.同期が終わるまでまちます。

6.同期が終わったら、一度手順2で外したチェックボックスをオンにします。
f:id:CloudyDesert:20111021211036p:image

7.あとは同期するだけですが、iPhoneに転送したい写真を選びなおす場合はここでやってください。
8.では、画面右下の「適用」ボタンを押して同期しましょう。

おそらく大概の場合はこれで治ると思います。

今回の不具合は、以前からiPhoneの母艦として使っていたMac(/PC)のiTunesで起こっているのではないかと思います。
うちではiOS4かアップグレードしたiPhone4も、新たに買ってきた家族の分のiPhone4Sも同じようにおかしくなっていました。2台ともこの方法で回復しました。

おそらく復元を使う対処法では、不具合込みのデータを書き戻すのでうまくいかないのではないでしょうか。
やはり、その場合は写真の同期を切るか、今まで選んでなかった写真のみにしてみるとかすると良いかもしれません。